スポンサーサイト

  • 2014.08.08 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    活動についてのお知らせです

    • 2012.05.31 Thursday
    • 00:06

     こんにちは。まめまめ手仕事プロジェクトです
    いつもご協力くださいましてありがとうございます。
    本日は私たちの活動についてのお知らせです。

    私たちにも何かできることを…と立ち上げたこのプロジェクトも、
    スタートから1年がたとうとしています。
    以前のブログに掲載しておりましたが、中心メンバーの状況の
    変化もあり、この先、販売面での応援を活動の中心にするなど
    活動内容を整頓させていただくことになりました。下記のとおり
    お知らせ申し上げますのでご了承くださいますようお願いいた
    します。
    被害のあった地域への思い、ご縁のできた仮設の方々などへ
    の気持ちはずっとかわらず、形はかわっても応援を続けてまい
    ります。どうぞよろしくお願い申し上げます。
     
    活動内容について

      *販売支援
        佐藤商店・佐藤博子のほうで取扱いいたします。
        店頭には仮設の方々の作品があり、注文なども仲介いた
        します。

     *復興支援イベントへの参加
        販売する作品を制作している方々や団体の出展を支援します。
     
      *支援物資提供のお願い
        仮設の方などからのご希望にそって、ブログで支援物資
        提供をお願いさせていただきます。

      *チャリティワークショップ(佐藤商店にて開催)
        平成23年末より休止しております

      *手仕事カフェ(仮設住宅集会所にて)
        平成24年2月までMikiを中心に、3月からはMasakoさん
        を中心に、現在は手作りアイロン台の制作や、
        (株)クローバーさんご提供の「花編みルーム」を展開して
        おります。

     主に応援している団体・個人と作品
       ☆中野仮設「チームはぎ」さま
         (伊達なカメ/刺し子の花ふきんキット/毛糸や夏糸でつくる
         お花のブローチ等)
         *チームはぎさん独自にスタートした「伊達なカメ」もずっと
           作り続けられています。
      
         *刺し子の花ふきんキット第1弾は、 まめまめ手仕事プロ
           ジェクトでスタッフ登録くださった方々の協力もいただき
           ながら制作・販売しておりました。
           キット第2弾は、布の下書き、糸や針等のキットの小物
           つくりの準備から納品まで、チームはぎさんで手がけら
           れています。
       

       東松島仮設「とんぼの会」さま
        (おしゃねご/編み物作品等)
         *どこへいっても完売御礼つづきのおしゃねご。
           大きさが変わったり、ストラップになったり、バリエーション
           が増えてきています。
      
                

       H様(刺し子の花ふきん完成品)

     
       ☆ここまま様(毛糸などでつくるシュシュなどの小物)
     
    ご協力くださった物資・まめまめ基金について
       *必要な手芸用品は被災地各地へ送付済み、ワークショップ
         でも使用させていただきました。今、こちらでお預かりしている
         分は大切に保管を続け、必要に応じて仮設などへお渡しいた
         します。
       *まめまめ基金は、ワークショップや販売支援に役立てさせて
         いただきました。
     
    ブログについて
       *閉鎖せずにこのまま続けてまいります。
         仮設の方々の新商品やイベント参加、支援物資募集などの
         お知らせを更新いたします。

    今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

    お問い合わせは…
    佐藤博子(佐藤商店)まで

    satosyoten-1941@ymail.plala.or.jp

    TEL 022-234-2468 /FAX 022-234-2470 
    〒980-0871  仙台市青葉区八幡2丁目21-29

    お問い合わせ先です

    • 2012.04.08 Sunday
    • 23:55

     下記までご連絡ください。

    販売、イベント参加について
       佐藤商店・佐藤博子 e-mail: satosyoten-1941@ymail.plala.or.jp
                     TEL  : 022-234-2468
                
    プロジェクトの活動や支援物資 その他
       千田佐知子      e-mail: chida-karako@st.cat-v.ne.jp
                      TEL  : 022-276-7068 [10時〜17時まで]
     

    東松島“とんぼの会”を訪ねて

    • 2012.03.01 Thursday
    • 23:16

    miki です(*^^*)

    日曜日、東松島の“とんぼの会”の手仕事会にお邪魔しました♪

    mayumi さんが、今後作品販売の為にタグやチラシなどがご自身で制作できるよう、プリンターを提供される目的で伺うとお聞きし、私も同行させて下さいとお願いしました。

    更にパソコンからプリントアウトできるように弟さんが設定をして差し上げげ、とても喜ばれていました(^o^)

    弟さんは仕事のお仲間と、泥のかき出しボランティアをされたとのこと。家一軒から土嚢が100個、庭も合わせると200個になっていたと仰っていました。
    体力のいるボランティア、本当に頭がさがります。家主の方々どれ程助かったことでしょう。

    さて、とんぼの会の皆様の仮設、とにかく大規模でした。500世帯の方がが生活されているとのことで、集会所も3ヶ所あり、各掲示板には“まめまめ”
    のチラシが貼ってあり、それをご覧になった方々が毎週集まるようになり、まめまめの提供した材料で手仕事会がはじまりました。
    それからご自身達でも材料を募集したり、全国の方々とのつながりができています。
    12月から帽子の販売がはじまりました。今は“おしゃねご”の販売に力を入れ、お世話役のSugawara さんが会をまとめていらっしゃります。
    私たちが到着した時には皆さん“おしゃねご”作りをしながら賑やかでした。

    はじめは手仕事を楽しむ会でした。

    「売んなくたっていいの…」

    「注文きだの…?」

    「売っぺし…!!」

    帽子が売れはじめると皆さんの意識も変化していったようです。
    お互いに注意しあいながら良いものを作りたいと意欲に溢れています。

    “おじゃっご飲み”お茶の時間のケーキは作品の売り上げから…
    私達もお菓子をおよばれしました。お料理上手A さん手作りのおかずも本当に美味しく皆さんといただきました。

    「こうやって集まるのが楽しみ…」
    とお話してくださり、とても嬉しく思いました。

    12時には手仕事会終了。
    皆さんと記念撮影です!!
    手には“おしゃねご”

    mayumi さんが、おしゃねごに毛糸の玉を持たせたら可愛いかな♪
    と見本を作ってくださり、皆さんにとても好評でした。
    会が終了してから、Sugawara さんに代表で作り方をお見せしていたら、皆さん集まる集まる…
    その場で講習会になりました。mayumi さんを囲んで真剣な眼差し!!

    「ねこが、毛糸玉を追いかけてるみたいで、可愛い♪」

    手持ちの羊毛、ニードル、マットを差し上げました。あれからチャレンジしてくださっているでしょうか

    パワフルな皆さんにお会いでき嬉かったです。
    それぞれの仮設によって手仕事会の雰囲気か違うのは地域性でしょうか♪

    お邪魔させていただき、どうもありがとうございました(*^.^*)

    中野復興まつりご案内!!

    • 2011.10.29 Saturday
    • 15:15

    miki です(^o^)
    明日10月30日(日)
    “中野復興まつり”が開催されます!!
    午前10時〜午後3時30分(小雨決行)

    場所:仙台港背後地6号公園仮設住宅(宮城野区中野字田中110)

    内容
    1 芋煮会

    2 ステージ(中野小学校、琉球国際祭り太鼓、相撲の風、大泉幸一、菅野由美、庄司恵子、森有里、ミチル,成泰三、松浦恵子、


    3 模擬店
    (焼きそば、焼き鳥、フランクフルト、コーヒーカフェ、お好み焼き、ポップコーン、綿あめ、水ヨーヨー

    4 子供むけアトラクション
      動物ふれあいコーナー
      絵本読み聞かせ   他

    5 ハンドマッサージ

    お問合せ先
     中野復興まつり実行委員会 
      電話022ー258ー5570

    復興まつりは港町内会、蒲生町内会、西原町内会、和田町内会、6号公園自治会の4町内合同での開催となり、復興を地域で願い応援するお祭りです。
    各企業,支援団体、ボランティア、関係機関の協賛のもと開催されます。

    手仕事ワークショップでご一緒している中野の皆さんは復興まつりに向けて“カメチャーム”を販売する為に毎日皆さんで集まり、作り続けておられました。
    目標に向かって生き生きと取り組まれています。皆で一緒に手仕事することは、お年寄りが部屋に隠らないようにするための気遣いであることも知りました。売り上げは、部分的にとかほんの少ししか作ることが出来ないお年寄りにも平等に分配しておられます。

    3、11から私達には想像すら出来ない日々を乗り越えながら、人を敬い助け合う。底抜けに明るい中野の皆さんとつながりができたことに本当に感謝しています。

    まめまめは明日のお祭りのことを一ヶ月前に知りました。お手伝いの方々が手作り品を沢山出品して下さりました。シュシュキット、コースターキットも手作りしました。高砂の借り上げ仮設にいらっしゃるS さんには毛糸のシュシュ、ペンダントを一度一緒に作り、材料をお渡ししました。4歳の娘さんが寝てから毎日作り、可愛く仕上げておられました。当日は“カメチャーム”と同じブースで販売されます。
    日用品はお手伝いの方々が提供してくださりました。
    先日のワークショップでは、てぬぐいで“あづま袋”を作りました。簡単にできて欲しい方がいらっしゃると思われたようで、10日でできるだけ縫い販売したいとのことで、あるだけのてぬぐいを提供しました。あれからどんどん縫っていると昨日ご連絡いただき、
    「値段つけがむずかいしいね〜」
    と笑っておられました。
    売り上げは全てカメの材料費にしていただきます。

    明日も仙台はお天気は良さそうです(^o^)
    4町内合同の大きなお祭りです。お近くの方は是非ご参加いただけたらと思います。ご親戚、お友だち、ご近所の方々と再会でき、楽しい一日になりますよう願っています♪
          
        

    まめまめ手仕事プロジェクトについて

    • 2011.08.21 Sunday
    • 00:00
     こんにちは!こちらはまめまめ手仕事プロジェクトの活動紹介のページです。
     
    ****************************************

    まめまめ手仕事プロジェクトとは?

    手仕事が好きな被災者の方に裁縫道具、刺し子の材料をお渡しし
    作っていただきます。
    それぞれのペースで作る楽しみ、上達する喜びを感じることで、
    少しでも前向きな気持ちになっていただけたらと願っています。
    また、一緒に手仕事をしながら語り合える場をつくり、つながりを
    大切にします。
    そして、作品を販売したい被災者の方には、プロジェクトで作品を
    集め、全国で販売する応援をします。

    ****************************************

    全国から届いた手芸品

    震災から1ヶ月半が過ぎた頃、避難所で、特にご年配の方が時間
    を持て余していると耳にしました。
    支援物資として生活必需品は揃ってきている、でも、きっと「物」で
    心の満足は得られないのではないか?

    被災者の方に”できること”を届けたい。
    まず、全国の方々に裁縫道具の提供を呼びかけました。善意で
    お寄せいただいた裁縫道具は、ステキな空き箱にセットしてお渡し
    しています。

    また、仙台のボランティアの方々に協力していただき、さらしに
    花ふきんの図案を描いたものを被災者の方々にお届けしています。
    仕事として花ふきん制作に取り組まれている方も、お仲間とのコミュ
    ニケーションの場でちくちくと針をすすめている方もいます。

    ******************************************

    取り組んでいる手仕事

     『刺し子の花ふきん』
    日本の寒い地方に古くから伝わる伝統手芸の”刺し子の花ふきん”
    は真っ白なさらしに様々な模様を運針することで、布を美しく、丈夫
    にします。
    図案の上を同じ針目でちくちく運針する過程は、「心が穏かになる
    よう…」と被災者の方々から感想をいただいています。 
    難しい技術は必要ありませんので、一人のときは無心になりながら、
    また近くのお仲間と語り合いながら、針を進めることができる手仕事
    です。

    取り組まれている方々
    ・石巻市相川地区
    ・東松島市矢本地区
    ・仙台市宮城野区
    ・気仙沼市
    ・福島県南相馬市 他

    *******************************************

    チャリティワークショップ

    仙台市内の『佐藤商店』にて、定期的に手仕事ワークショップを開催。
    近所で避難生活をする方々に、手仕事をしながら語り合える場を提供
    しています。
    いただいた参加費のうち、材料費以外は活動資金 にしています。
      (被災者の方は参加費無料です)

    *******************************************

    手仕事カフェ

    仮設住宅集会所にて、毎月1回、手仕事の会を開催しています。
    全国から寄せられた布、毛糸、手芸用品で、皆であつまって
    作品づくりをしています。
      
    *******************************************

    花ふきん手作りキット、ポストカードの販売

    活動資金の一助になれば…と、メンバーやボランティアの方の協力を
    いただいて制作し、販売しております。
    くわしくはコチラ

    *******************************************

    問い合わせ先
      
      〒980−0871
      仙台市青葉区八幡2−21−29

      佐藤商店内 佐藤博子

      TEL:022−234−2468

      Mail:satosyoten-1941@ymail.plala.or.jp


    *******************************************

    届けたいもの

    • 2011.07.30 Saturday
    • 02:36
    Sachikoです

    お手伝いのかたへの説明会&ミーティングの前日、ちょっと
    立ち寄ったコンビニで、Y新聞の見出しがふと目に入りました。

    「展望なき避難 限界」
    「震災失業者 深い絶望感」

    記事が気になり新聞を一部買い求めました。
    被災地では復興がなかなか進まず、無力感、あきらめが漂い
    始めていること、家族や家、財産だけでなく生活基盤そのもの
    を失い、農産・水産にかかわっていた人は他地域で再就職は
    むずかしいとのこと。
    震災後の忍耐強さは世界中から称賛されたというものの、
    こんなに長い期間のがまんの連続で精神面に深刻な影響が
    ではじめている状況も伝えられていました。
    仮設住宅でも地域のつながりを保つことの重要性を訴えて
    記事を結んでいます。

    仕事や、ささやかでもできること・やることがある日常。
    本当に大切なことだと思います。
    私も3月11日の地震後、ご近所の方や友人たちに、兄弟に
    たくさん助けてもらいました。私が住んでいるあたりは海から
    もだいぶ遠く、地震の被害もさほど大きくない地域。自宅も
    大丈夫だったので家にいられたのですが、こどもが熱をだし
    てしまって長時間の買い出しにいけませんでした。そこに、
    自分の分だってギリギリなのに、
    「小さい子いるでしょ、食べさせて」
    と食べ物を届けてくださった方が何人も。
    「おかあさん、がんばれ」と道端ですれ違っただけの知らない
    方にお菓子までいただいてびっくりしたこともありました。

    おかげさまで、こどもには十分におなかいっぱいにさせること
    ができて、熱もたいしたことなく済みました。が、私自身が
    どんどんやせていきました。自力で買い出しにいけない中、
    店に入るために雪の中に4時間ならんだとか、並んでも買い
    物には点数制限があったとか、そういう話をきいていると、
    「私、なんにもしてない…」
    そんなふうに感じてしまい、食事がのどを通らないのです。
    電気が通ってはじめて見た地震や津波の映像のショックも
    あったかもしれませんが。

    地震から1週間後、こどもの体調も整い、やっと買い出しに
    行くことができました。3時間ならんで、野菜と少しの果物が
    買えて心底うれしかった。私にもできた!そう思いました。
    やっとおなかがすいた気がして、その晩から自分で買った
    もの、いただいたものを合わせて私も食事を取り始めました。

    それから、壊れた本棚を集積所に出し、部屋を片付け、水も
    出て、3週間かかってガスが復旧して……どんどん日常の
    環境がもどってきました。
    家族のためにすること、木版画の仕事、おせんたくのボラン
    ティア(後日、またお話しますね)、ご近所さんや友人・知人
    と声をかけあったり助けあったりすること。どんどん、「できる
    こと」が増えてきて、心からありがたいと思いました。
    それがどんなささやかなことでも。

    被災地の状況はこの例とは違うことですし、もっともっと
    深刻です。
    新聞を見て、「まめまめ手仕事プロジェクト」で、「できる
    こと」や、できることを通して人とのつながりの場を届け
    たい!とあらためて強く感じてました。

    Mikiさん、
    「 被災者の方々に何を届けるのか…?手仕事+○○○○」
    ○○○○は、「つながり」ですね

    名称決定!

    • 2011.06.24 Friday
    • 16:00
    hirokoです。 

    昨日は、メンバー3人で仙台市市民活動サポートセンターに行ってきました。

    このプロジェクトのことをお話したところ、
    震災から3ヶ月、そろそろ生活が落ち着いてきた頃、
    (といってもまだまだなのでしょうが)
    いいタイミングですね、と言っていただき、
    快く相談に乗っていただきました。

    今の課題は、どうやってより多くの方に私達の活動を知っていただき、
    手仕事をやりたい人を集めるか、です。

    そのための方法をアドバイスいただきました。
    そして、今後の活動の進める上でのアドバイスをたくさんいただきました。

    少しずつすすめて行きたいと思います。

    そして!
    移動の車中で、ずっと悩んでいたこのプロジェクトの名前が決定しました!

    sachikoさんの発案で、『まめまめ』を頭につけて、

      『まめまめ手仕事プロジェクト』 です。




    「まめまめ」には、「まめに丁寧に」、という意味が込められています。

    この度の地震や原発事故を通して、
    それまで何不自由なく暮らしてきた生活を一から見直すことになりました。

    そのなかで、暮らしの中の全てのことに対して、
    「まめに、丁寧に、手間をかける」ということの大切さを学んだように思います。

    その思いを込めて、『まめまめ手仕事プロジェクト』に決定しました。


    どうぞよろしくお願いします!

    手仕事プロジェクトの経緯

    • 2011.06.02 Thursday
    • 16:39


    避難所ののおばあちゃん達に生きがいを〜をいう言葉を耳にし、
    私達が何かできるのではないかと、
    お金やものの、一方向的な支援じゃなく、違う何か…

    そこで、手仕事好きのママたちが集りました。

    私達が大好きな手仕事…
    被災地のおばあちゃん達の中にも、きっと好きな人がいるはず。
    その人たちに、材料を準備し、提供してあげることで、
    『できること』を届けることができるんじゃないか…

    出来た作品は、手元に置いて使ってもらったりしてもいいし、
    また、私達がそれを回収して、販売していくことで、
    いくらかでもお小遣いになれば…という考えのもとにスタートしました。


    そこで私達が大切にしたいのは、 『作る喜び』

    「できてうれしいもの」を作ってもらうことで、生きがいが生まれ、
    手仕事を通しての仲間やコミュニティが出来ていくのではないかと期待しています。

    そして、できたものが何がしかの報酬になれば…
    少しでも被災地の女性がHappyになれるように、
    お手伝いができれば、と思っています。







    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM