スポンサーサイト

  • 2014.08.08 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    “はぎの会”で花編みルーム

    • 2012.01.29 Sunday
    • 23:55

    miki です(^o^)
    仙台はこの日に限って雪となりましたが、中野仮設の“はぎの会”の皆様と手仕事をして参りました。

    いつもいつもお世話になっていますmasako さん、keikoさ ん、Yumiko さんと4人で伺いました。

    今回は、メディアテークの方2名が取材をしてくださるとのことで、皆さんにご紹介しました。
    肖像権のこともあるので、
    「映像などに映しても良いでしょうか?」
    という質問に、
    「キレイに映してくれるなら良いよ!」
    「ダメだ〜今日化粧してないし〜」
    と仰る方がいて皆さん大笑い。
    とっさにマスクを外す方もいらして、賑やかなスタートとなりました。


    今回は参加18名でした。
    Yumiko さんが作ってくださった見本をお見せしたら、皆さんから
    「良いね〜!!可愛いね〜」
    と声があがりました。
    「でも、難しいよね〜。」
    と声も聴こえてきました。
    「この“花編みルーム”という用具を使っているので大丈夫ですよ♪」
    先日、クローバーさんからお借りした“花編みルーム”をお配りして付属品の確認 !!




    お好きな毛糸をお選びいただきました。始めは一番大きな円形をセットしていただき、制作開始
    (*^O^*)
    まめまめ4人は担当の方々を手分けして制作のお手伝い…♪


    皆さん、真剣な眼差しで用具に糸をかけておられました。
    こちらも、あちらも…。


    「ここまでしたらどうするの?」
    と声があがるので、
    「はい、はい次は…」
    とあっち行き、こっち行き♪






    中心までできあがる頃に、真ん中にお好きなボタンを着けても可愛いですよ。と全国の皆様からいただいたボタンを見ていただきました。
    ボタンでモチーフの雰囲気が変化したり、中心がキレイに揃わない時のちょっとごまかしにもなるし…いえいえより可愛くなります!!


    用具から外す時にワクワク
    ( ^∀^)するのです。
    そして、思っていたより簡単に可愛くお花が仕上がり、皆さん満足なご様子。とても嬉しそうでした。




    ひとつ完成したら、次は小さい枠にしたり、毛糸の太さや種類を変えて2つ目に挑戦しながら、ひとつ目に作ったものを誉め合っておられました。

    今回のお茶の時間は、お料理室主催のO さんから“天の紅茶 ”を頂戴していましたので、皆さんにお淹れしましたら、香りが良いと喜んでいただきました。

    仮設にはお住まいではないのですが、一緒に手仕事を楽しみながら懐かしい方々とお話したいとA さんがご参加してくださりました。この日に美味しくいただけるように2週間前からお漬物を仕込んでくださっていそうで、皆さんでポリポリいただきながら、手仕事の手を休めました。東北はお茶菓子にはお漬物なのですよね。

    中野仮設は自治会長さんが、仮設にお住まいではない方にも、集会所での集まりに参加 を推奨してくださっています。ですから、避難所で一緒だった方と再会して近況をお話しながら手仕事をする機会ともなっています。

    今回は雪で参加できなかった方もいらして残念( ´△`)でしたが、
    毎回参加が増えています!!
    そして、まめまめ手仕事会が集まりが一番多いそうです♪
    嬉しい…。
    お年寄りがお部屋に籠らないように手仕事会をして欲しいと佐藤商店をE さんが訪ねてくださったのが、きっかけでしたから。

    メディアテークのお二人は皆さんに震災の事、今の生活など色々と質問されていました。


    「全部流されたけどね、こうやって皆と出会えたしね…」
    とE さん。
    津波の後何が残ったか…
    瓦礫じゃないよ。人の強さ、優しさ、あたたかさ、つながりだよ♪
    と伺う度に思います♪

    「雪なのに道怖かったでしょう。来てくれてありがとうね。」

    いつも私達を労ってくださり、
    「まめまめに出会えて感謝してる…。」
    と仰ってくださるのです。
    こちらこそ皆さんに出会えたことに感謝しています。

    花編みルーム、四角枠でモチーフを作り、マフラーにしたいご希望や、リボンや布を裂いたもので作りたいとのことで、2月は花編みルーム応用編にすることが決まりました。





    ワークショップが終わってから、マッサージチェアに腰掛けながら、作りつづける方もいらっしゃりました。
    翌日、お世話役E さんとお電話でお話しましたら、お年寄りが終わってから3つ作ったからあげると持って来て下さったそうです。

    花編みルームをお貸しいただき、クローバーさんに感謝申し上げます。

    また、次回も皆さんとのワークショップ、楽しみにしています♪





    スポンサーサイト

    • 2014.08.08 Friday
    • 23:55
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM